ハイヤーの乗務員の仕事

subpage01

ハイヤーの乗務員の仕事は、タクシー同様に乗客を乗った場所から目的地まで送り届けるのが主な仕事です。

しかし、タクシーの場合は流しか駅前で客待ちで乗客を乗せるのが大半です。それに対して、ハイヤーは無線の連絡があった場合に指定された場所に行き乗客を乗せて目的地まで届けるのが主な仕事です。


そのため、大口取引先がいるのも特徴の一つであり、きめ細やかなサービスが常に問われて且つ安全運転で時間にも正確にしなければなりませんので、大変プレッシャーがかかる仕事です。

そのハイヤーの乗務員になるためには、まずその会社に入社する事から始まります。

ハイヤーの乗務員の情報探しはこのサイトから初めてください。

免許があれば大半は内定を出されます。

内定後は、指定の自動車教習所で普通自動車二種免許取得を目指します。

実は二種免許がなければ乗務する事は出来ませんので、二種免許が無い人は会社負担で二種免許取得をしなければなりません。



このお金も厳密には会社立て替えですので、内定後は身元保証人を出すようにと会社側が言うのは、これに理由があります。
立て替えてもらった金額は本採用後に少しずつ返済していく事になります。晴れて二種免許を取得しても、都内の場合は地理検定もクリアしなければなりません。
これらをクリアして、会社内での研修を終えたら晴れて独り立ちする事ができます。実は奥が深いのがハイヤー乗務員の仕事です。



ただ運転するだけではなく、サービス業も加わっていますので、プロドライバー中のプロドライバーといえます。

ハイヤーの重要知識

subpage02

ハイヤーの乗務員の仕事は顧客を安全に目的地まで送り届けることだと考えている人が少なくありませんが、現在はその仕事の内容が大きく変化しており、これに合わせて要求される能力も大きく変化しています。特に最近では一般の会社員と同じように顧客に対応してさまざまな成果を上げることが求められており、社会人としての基本的な知識のほか顧客対応といったスキルも非常に大きく評価されるものとなっています。...

NEXT

ハイヤーの知識を増やす

subpage03

ハイヤーとタクシーは、実は似ているようで似ていないものです。まず、タクシーは最も身近に利用できる移動手段です。...

NEXT

ハイヤーの補足説明

subpage04

良いハイヤーの乗務員になるためには、運転技術だけでなく様々な社会人としてのスキルが必要です。従来は運転技術が高ければ社会人としてのスキルが多少低くても採用される傾向にありましたが、近年ではその仕事内容が大きく変わっている影響で社会人としてのスキルが運転技術よりも優先される傾向が強くなっているため応募する際には充分に注意が必要です。...

NEXT

ハイヤーの秘密

subpage04

タクシーと混同されることが多く同じような仕事だと勘違いされることが多いハイヤーですが、この仕事は固定のお客さんを決められたルートで送り届けるのが仕事ですから、毎日同じ人と接することになります。このため必要な資格としてタクシーと同じ二種免許が必要ですが、一定の接客スキルとコミュニケーションスキルも大事になってきます。...

NEXT